シニアがブログでモノローグ

このままでは年を取って死ぬだけ。ブログでもやってみよう。

素人が評価するサッカー日本代表

今回のワールドカップサッカー。

最初のリーグ戦で強豪ドイツとスペインを日本が破ってマスメディアも国民も大騒ぎ。

その熱狂も、決勝トーナメントで日本が第一戦目のクロアチアに敗退して急速におさまりつつある。

 

リーグ戦を一位通過した日本代表ではあるが、本当に強くなったのだろうか。

学校体育でサッカーをやってみた程度の「ど素人」だが、テレビ観戦して感じたことを記してみたい。

 

ドイツとスペインに勝ったことについては、やはりジャイアントキリングの感が否めない。

たまたま、連続して勝っただけで、「もう、ジャイアントキリングとは言わせない。」というには早過ぎよう。

戦術も影響するのだろうが、パス回しの技術やボール支配率などはドイツやスペインに一日の長があるように思う。

 

試合の後半で見せた日本の逆転劇も、相手の気のゆるみをついた奇襲攻撃がはまったということではないか。

逆転後の守り一辺倒の様子は、実力で互角に渡り合うようには見えなかった。

 

リーグ戦で格上の強豪に勝ったものの、格下のコスタリカにはちょっとしたスキを突かれて得点され、負けてしまった。

このゲームで日本は攻めたが、相手の守りが固く、ゴールできなかった。

日本の決定力のなさが示された。

相手の守りを切り裂いて弾丸のようなシュートを打つ力強いストライカーが不在ではないか。

ゴールを狙うのに十分な射程距離にありながら他の味方選手にパスしてしまうのはなぜか。

 

コンタクトスポーツでもあるのでテクニックだけでなく、体格や筋力でも見劣りのしない選手がもっと出てきてほしい。

ヘディングで競り勝ち、球際で当たり負けのしない選手が必要だろう。

 

海外のチームに移籍して修業を積む日本人選手も多くなり、昔より国際試合に強くなったようには感じているのだが。

・・・・・。

サッカーの素人なので詳しいことはわからないが、ワールドカップでさらに新しい景色を見るためには、まだいろいろと課題がありそうだ。

 

ワールドカップサッカー

サッカーのワールドカップカタールで開催されている。

もともとワールドカップといえばサッカーの国際大会を指していたが、近年ではバレーボール、ラグビー、スキーなどいろいろ種目の国際大会がワールドカップを名乗っている。

 

しかし、何といっても一番注目されるのはサッカーのワールドカップだろう。

日本でも、試合が始まる数日前からメディアが報道に熱を入れ始める。

普段、あまりサッカーを見ない人もテレビをつければ試合中継や再放送やニュース番組を見せられる日々が続いている。

 

まだ4か国ずつのグループに分かれたリーグ戦の段階だが、国と国の代理戦争のごとき戦いにサッカーファンは一喜一憂している。

日本の緒戦はドイツと試合して逆転勝ちしたが、ジャイアントキリングというにふさわしいものだろう。

サッカーは一瞬のスキをついて得点できる。

申し訳ないが、もう一度ドイツと試合したときには勝てそうにないようなボールさばきの違いを感じた。

 

サッカーを見ていてどうかと思うのは、ちょっとした相手選手とのコンタクトで倒れたり痛がったりするところだ。

それもサッカーの文化であり審判にペナルティを要求するテクニックだというのかも知れないが、アンフェアでスポーツにふさわしくない行為ではないかと思う。

 

ラグビー選手は正反対で好感が持てる。

猛烈なタックルを受けても耐え、審判の判断に素直に従う。

紳士のスポーツといわれる所以だろう。

 

それにしても、ここ数日のワールドカップサッカーの盛り上がりは相当なものだ。

日本が決勝トーナメントに進むには、もうスペイン戦に勝つしかない。

手段は選ばない。

奇跡を起こしてくれ!

 

 

 

 

 

ボジョレーヌーボー

ボジョレーヌーボー

新米ならぬ,フランスワインの新酒で日本は秋に賑わう。

11月の第3木曜日が新酒を味わう解禁日ということで,今年は11月17日の今日になる。

 

ブルゴーニュ地方のボジョレー地区で採れるブドウをその年のうちにワインにして飲むというが,熟成させなくてもおいしいのか。

私にはよさがわからない。

 

近年のボジョレーヌーボーの露出度は以前ほどでないが,日本だけが騒いでいたようだ。

いわゆる商業主義のやり方に乗せられてワインに詳しくない日本人が踊らされていたのかも知れない。

 

同じようなことが他にもあるが,それはそれで楽しければいいのだろう。

例えば、クリスマスのケーキ。

クリスマスの時期はそれ以外の時期よりも値段が随分と上がっている。

それでもケーキを買ってクリスマスの雰囲気を味わいたい仏教徒は多い。

あるいは、バレンタインデーのチョコレート。

2月14日に女性から男性へチョコレートを贈る習慣は日本独特のもの。

1970年代に日本チョコレート・ココア協会が仕掛けてすっかり定着してしまったようだ。

義理チョコなのに勘違いする男性が情けない。

 

話を元に戻そう。

ボジョレーヌーボー」なのか「ボージョレヌーボー」なのか気になっていたが,どちらでもよさそうだ。

フランス語では“Beaujolais Nouveau”。

発音記号は”bòuʒəléi nuvóu”になっているので,二重母音のどの部分を長音にするかでカタカナ表記が違っている。

発音記号に忠実にカタカナにしてみると「ボウジャレイ ヌボウ」といったところか。

 

いろいろな屁理屈はやめて、とりあえずビールを飲もう。

 

 

七五三

何か話題はないかと今月の暦を見る。

11月15日は七五三。

7+5+3=15となるので,ひょっとしたらと思っていたが,七五三が15日になったこととは関係ないようだ。

どのようにして始まったのか詳しいことは知らないが,昔からある子どもの健康を祈る儀式の日。

 

親たちは着飾った子どもを連れて神社へ参拝したり記念写真を撮ったりしている。

子どもが手に持つ千歳飴は,あまりおいしくなさそうだ。

 

昔は子どもが病気で死ぬことも多かった。

医療技術の発達などで昔に比べて死者数は減ったが,現在も幼児の死亡(1歳から4歳の場合)で一番多いのは先天性の病気,二番目に多いのが事故,三番目はがんだ。

 

ところが,5歳から9歳までの子どもの死因順位についてみると,一番多いのが事故,2番目はがん,三番目が心臓病となっている。

 

1歳から9歳までの子どもの死亡統計でみると,病気以外では事故に気をつけないといけないことがわかる。

一番多いのは交通事故,それ以外では溺死及び溺水,窒息が多い。

乳児の頃は交通事故が少ないが,幼児になると自ら容易に移動できるようになり,それにともなって交通事故や水難事故が増加する。

 

幼児は運動機能が発達していないので,自分で危険から退避することが難しい。

危険や安全を認知する知識や技能に乏しい。

喜怒哀楽が激しくて情緒は不安定,人間としての道徳や約束ごとに疎い,というように様々なハンディがある。

 

したがって,幼児がいる環境の安全点検は欠かせない。

同時に,おとなによる保護を必要としている。

発育・発達を見すえて適確に対応することで大部分の子どもの事故は防止することが可能と考えられている。

 

アメリカでは事故についてaccidentという用語は「偶然に発生する」との意味合いが強く,制御不能で防止できない印象を与えるのであまり用いないようだ(事故防止はinjury prevention and controlといったりする)。

 

デッサンをしてみる

いよいよ秋も深まってきた。

芸術の秋。(2020年10月2日のブログを参照あれ)

 

芸術とまではいかないが,この数か月,福祉センター開催の絵画を描く集まりに参加している。

コロナ禍のため少人数で月1回の集まりだが,私以外は皆さん女性で水彩画を描いている。

 

水彩画は見ていると描くのが難しそうだ。

講師の先生は絵画なら何でもよいというので,毎回,デッサンをすることにした。

画用紙と鉛筆と消しゴムがあればできるという安易な選択をした。

 

モチーフは何でも自分で決めてよい。

一番最初は鏡を見ながら自画像を描いた。

コロナ禍の記念にと,マスクをつけた自画像だ。

 

自分ではわりと気に入った自画像を描いていたら,講師の先生が見て,上手だけどもっと男前に描いてあげるといって私の眉毛を濃くし,頭髪をフサフサにした。

 

考えてみると,私のウィークポイントをついた修正をほどこしたのだ。

後から気づいて少し腹が立ったが,私よりかなり年上の女の先生なので文句を言うのを我慢した。

 

短時間ではあるが,毎回参加している。

まだ作品は少ないが,以下に作品群の写真を貼り付けている。

 

「じっと手を見る」

 

「今となってはしんどい野球」



「写真でなくて実物を描きたい」

 

自己流の描き方をしているが,掲載してみた。

来年の3月まで,この絵画の集まりで戯れてみることにしよう。

 

結婚記念日

今日は私たち夫婦の結婚記念日。

1982年の今日,結婚式を挙げた。

 

学会で同僚や上司が来ることを利用してこの日に決めていた。

わざわざ旅費を負担して来てもらうのは心苦しかったから。

学会参加のためなら研究費から旅費が出る。

そのついでの結婚式。

 

以来,40年。

40年の節目は,世にルビー婚式というらしい。

45年目がサファイア婚式,50年目が金婚式。

昔はこれくらいまでで寿命を迎えたのだろうが,長生きするようになったので金婚式のさらに上をいくものがある。

 

55年目がエメラルド婚式,60年目がダイヤモンド婚式,65年目がブルースターサファイア婚式,70年目がプラチナ婚式。

とってつけたように宝石の名前がつけられている。

 

記念に宝石を買えといわんばかりだ。

宝石は相場がわからないので,どうせ買うなら金の方がいいと思うのだが。

妻の動向が気になる。

 

とりあえず,ケーキを食べる。

今上天皇即位の礼を催したとき,海外から来た賓客に手土産として持ち帰ってもらったものというので取り寄せてみた。

やっぱり,一味違う。

 

夜はスパークリングワインで乾杯。

・・・・・。

ささやかに結婚記念日を祝う。

 

過ごしやすい季節

10月も後半になると暑くも寒くもなく過ごしやすくなる。

身のまわりの温熱環境の良し悪しは気温だけで決まらないが(湿度,気流,輻射熱も影響する),気温の影響が大きい。

あえて気温に注目すると,私たちに適した気温のことをoptimum temperature(至適温度とか最適温度と訳されている)という。

 

至適温度はその人がどう感じているかという主観的至適温度,エネルギー消費量が最小で体温調節の努力も最小ですむ生理的至適温度,作業能率が最高になる生産的至適温度に分類されている。

(2020年10月8日のブログ「スポーツの秋」を参照あれ。)

 

上にあげた3つの至適温度は異なる。

おおまかにいうと,生産的至適温度は運動や労働をしているときに適した温度で,じっとしているときに適した温度である生理的至適温度よりも低い。

主観的至適温度はその人が適していると申告する温度なので,それが何度だろうと本人が主張しているのだから抗いようがない。

 

その昔,まだ若かりし頃に行った実験室実験がある。

寒い部屋,寒くも暑くもない部屋,暑い部屋を作って,それぞれの部屋の中につるしたハンモックに半袖短パンの姿で寝そべる。

 

エネルギー消費量に注目した実験だ。

私たちは寒いとエネルギー消費量を増やして体内で熱を作る。

暑くなり過ぎたときも体温調節や体温上昇のためにエネルギー消費量が増える。

暑くなると熱を作らないように一時的にエネルギー消費量を減らすという言説はあるが,確認されていない。

 

さて,実験結果がどうなったかというと,統計解析により寒くなってエネルギー消費量が増してくる気温は約24℃になった。

逆に暑くなってエネルギー消費量が増してくる気温は約45℃になった。

やや高温側に片寄るが,かなり広い温度範囲でエネルギー消費量は変わらない。

 

ただし,これはひたすらに体温調節機能が働いているからであり,生理的至適温度の範囲とはいえない。

おおよそ,気温が28℃~32℃のときに皮膚血管の伸縮以外の体温調節の努力はなされていない(thermal neutral zone)。

ここらへんが生理的至適温度と考えられる。